忍者ブログ
pixiv参加者の個人用ブログ
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

bel.jpg










私だって死にキャラの一人ぐらいいる。

ちなみにここで言う死にキャラとは「投稿したけどほとんど動かさず、今後動かす予定も無いキャラ」のこと。

ピクシブ限定で言えば私には死にキャラが一人いる。ちなみに描いたけど投稿しなかったキャラは没キャラであり死にキャラとは違うというのが個人の見解。ひどくどうでもい。

私はぴく妖以外の企画で一人投稿している。ぴく森でベルナデッドというキャラ。だが結局彼女は一度も動かさないままログに埋もれている。そして死にキャラとなった。

死んだ理由は「動かしにくすぎた」から。
意味不明の会話を繰り返す愉快犯的なキャラを狙ったのだが、当時すでにぴく森はある程度時期が経っていたため新規キャラにいちいち構う状況ではなかった。今のぴく妖もそうだけど。
結果彼女は私のチキン心臓のせいもあり誰にも絡めなくなる。これはキャラ設定の問題ではなく完全に私のせいだ。
私が彼女の前に絡みやすいキャラを投稿していれば、顔見知りの絵師さんもできて彼女の存在も受け入れられたかもしれない。後の祭だが。

だが彼女は私にキャラの在り方について常に疑問を投げかける存在になっているので思い入れはある。

死にキャラにはいくつかのパターンがあると思うので書き出してみる

1 作者がキャラに対して初めからそれほど思い入れが無い
2 作者の力量では扱えないキャラを作ってしまった
3 投稿しただけで満足してしまった
4  動かしたが交流がうまくいかないので描かなくなった

ぱっと思いついたのがこの4つ。私の場合2が当てはまる。
ほとんどが作者の実力不足が原因だ。
1はとりあえず流行の企画やキャラ設定に乗っておけという輩が多い
2は設定に対して実力が追いついていないから動かせないというかなり未熟な現象だ
3は絵の上手い人でも割と多い。でも本質的に1と近いかも
4は書き手の配慮が足りない場合が多い。周りが見えていないから誰も寄ってこない

なんかどれも耳が痛いな。
結局書き手が頑張らないとダメなのだ。頑張ろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
死にキャラは作りたくないものね
書き込み失礼するわね。
あと女言葉でごめんなさいね。ただの芸風よ。
新規キャラに構うヒマ無しってのは由々しき事ね。
これが生み出す『パターン4』も有ると思うの。
自分で頑張れって話だケド、そうは言っても無反応は凹むわよね。
私はできるだけ新旧隔てなくやっていきたいんだけど・・・
先ず自分の生産力を何とかしないとだわね。
あと、やっぱり仲良くなった相手には
比重が偏ってしまうのは無理ない事だし・・・難しいわね。
ちょっと話がズレたわね。失礼しましたー。
2008/10/26(Sun)23:55:46 編集
無題
書き込みありがとうね。
女言葉真似してみるけど気にしないでね。
やっぱり誰と関わるかってのはその人の好みに左右されるものだからある程度しょうがないと思うのよね。
私もぴく妖初期からいるけど最初は(今もだけど)あんまり反応なくてまいってたのよ。
結局描いていくことで無理矢理覚えてもらったから今があるんだけど。
どこかで描いたけどキャラを投稿する前にある程度かわら版のネタを用意したらいいかもね。
がたか 2008/10/28(Tue)12:36:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[02/21 がたか]
[02/07 HANA@アトリエアムリタ]
[10/30 がたか]
[10/30 がたか]
[06/25 天峨桜丸]
最新トラックバック
(11/12)
プロフィール
HN:
がたか
性別:
非公開
自己紹介:
野良犬
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター

Copyright (c)背筋を伸ばせ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]